i ntra-mart The Power for Enterprise Web Solution
JAVA クラスの利用

概要

アプリケーションプログラムでは、ファンクションコンテナにおいて、JAVA プログラムを呼び出して利用する事ができます。
JavaScript から呼び出す事のできる JAVA クラスは、JDK により提供されるクラスの一部と自作のクラスになります。



JAVA 呼び出しによる恩恵

JavaScript から JAVA のプログラムを呼び出せるということは、JAVA により提供される様々な技術を JavaScript から利用可能になるということでもあります。
これにより、単なる JAVA クラスの呼び出しだけにとどまらず、JavaBeans の利用や RMI, IIOP といった通信技術、さらには EJB などの利用も可能となります(この場合、それぞれの技術を提供している他のサーバ製品が別途必要になります)



注意事項

JAVA のプログラムを呼び出す際に引き渡す引数には、以下の制限がつきます。

String,Number および Boolean 型のみ、引数として利用可能です。オブジェクトを引数として指定することはできません。
数値 JavaScript では、数値型は double として扱っているため、Number 型のデータを double 以外の型として引数指定した場合は、丸め込みなどの現象が起こる事があります。

JavaScript では、例外処理という概念が存在しないため、JavaScript から呼び出された JAVA プログラム内で発生した例外が JAVA プログラム内でキャッチされずにスローされた場合、JavaScript の実行は強制的に中断されます。




Copyright(C) NTT DATA INTRAMART CO.,LTD. 2000-2002 All Rights Reserved.