intra-mart(R)
5.0

jp.co.intra_mart.common.aid.jdk.java.io
クラス ExtendedOutputStream

java.lang.Object
  拡張java.io.OutputStream
      拡張jp.co.intra_mart.common.aid.jdk.java.io.ExtendedOutputStream

public class ExtendedOutputStream
extends OutputStream

このクラスは、標準の出力ストリームを拡張した機能を提供します。

このクラスの各メソッドは、データをストリームに書き出すときに、 java.io.DataOutputStream または java.io.ObjectOutputStream の 適切なメソッドを使います。
writeObject メソッドを使ってオブジェクトをストリームに書き出す 場合、ストリームに書き込めるのは java.io.Serializable インタフェースを サポートするオブジェクトに限ります。それ以外のオブジェクトを ストリームに書き込もうとした場合、例外がスローされます。

この出力ストリームに書き込んだデータを入力する場合、 jp.co.intra_mart.common.aid.jdk.java.io.ExtendedInputStream を利用する必要があります。 他の入力ストリームから読み込んだ場合例外がスローされることがあります。

導入されたバージョン:
version 5.0
関連項目:
ExtendedInputStream

コンストラクタの概要
ExtendedOutputStream(OutputStream out)
          出力ストリームを構築します。
ExtendedOutputStream(OutputStream out, ErrorEventListener listener)
          出力ストリームを構築します。
 
メソッドの概要
 void close()
          入出力ストリームおよびソケットを閉じます。
 void flush()
          書き出しストリーム内のデータをすべて出力。
 boolean isClosed()
          この入出力ストリームが閉じられているかチェックします。
 void write(byte[] b, int off, int len)
          オフセット off から始まる指定のバイト配列から この出力ストリームに len バイトを書き込みます。
 void write(int data)
          指定されたバイトを書き込みます。
 void writeBoolean(boolean data)
          boolean 型データの送信。
 void writeInt(int data)
          int 型データの送信。
 void writeLong(long data)
          long 型データの送信。
 void writeObject(Object data)
          オブジェクトの送信。
 void writeString(String data)
          文字列の送信。
 
クラス java.io.OutputStream から継承したメソッド
write
 
クラス java.lang.Object から継承したメソッド
clone, equals, finalize, getClass, hashCode, notify, notifyAll, toString, wait, wait, wait
 

コンストラクタの詳細

ExtendedOutputStream

public ExtendedOutputStream(OutputStream out)
                     throws IOException
出力ストリームを構築します。

パラメータ:
out - 基礎出力ストリーム
例外:
IOException - 入出力ストリームの作成時エラー

ExtendedOutputStream

public ExtendedOutputStream(OutputStream out,
                            ErrorEventListener listener)
                     throws IOException
出力ストリームを構築します。

パラメータ:
out - 基礎出力ストリーム
listener - エラーイベントのリスナーオブジェクト
例外:
IOException - 入出力ストリームの作成時エラー
メソッドの詳細

write

public void write(int data)
           throws IOException
指定されたバイトを書き込みます。

パラメータ:
data - バイトデータ
例外:
IOException - 入出力エラーが発生した場合
関連項目:
OutputStream.write(int), ExtendedInputStream.read()

write

public void write(byte[] b,
                  int off,
                  int len)
           throws IOException
オフセット off から始まる指定のバイト配列から この出力ストリームに len バイトを書き込みます。

パラメータ:
b - データ
off - データの開始オフセット
len - 書き込むバイト数
例外:
IOException - 入出力エラーが発生した場合
関連項目:
OutputStream.write(byte[],int,int), ExtendedInputStream.read()

writeInt

public void writeInt(int data)
              throws IOException
int 型データの送信。
基本データ型の整数データを基礎出力ストリームに書き込みます。

パラメータ:
data - データ
例外:
IOException - 入出力エラーが発生した場合
関連項目:
DataOutputStream.writeInt(int), ExtendedInputStream.readInt()

writeLong

public void writeLong(long data)
               throws IOException
long 型データの送信。
基本データ型の長整数データを基礎出力ストリームに書き込みます。

パラメータ:
data - データ
例外:
IOException - 入出力エラーが発生した場合
関連項目:
DataOutputStream.writeLong(long), ExtendedInputStream.readLong()

writeBoolean

public void writeBoolean(boolean data)
                  throws IOException
boolean 型データの送信。
基本データ型の真偽値データを基礎出力ストリームに書き込みます。

パラメータ:
data - データ
例外:
IOException - 入出力エラーが発生した場合
関連項目:
DataOutputStream.writeBoolean(boolean), ExtendedInputStream.readBoolean()

writeObject

public void writeObject(Object data)
                 throws IOException
オブジェクトの送信。

java.io.Serializable インタフェースを実装している オブジェクトを基礎出力ストリームに書き込みます。
このメソッドはオブジェクトをストリームに書き込む際に、 java.io.ObjectOutputStream の writeObject メソッドを使います。

パラメータ:
data - オブジェクト
例外:
InvalidClassException - 直列化で使用されるクラスになんらかの不具合があった場合
NotSerializableException - 直列化の対象が java.io.Serializable インタフェースを実装していない場合
IOException - 基礎の OutputStream に例外が発生した場合
関連項目:
ObjectOutputStream.writeObject(Object), Serializable, ExtendedInputStream.readObject()

writeString

public void writeString(String data)
                 throws IOException
文字列の送信。
このメソッドは、writeObject() メソッドを使い文字列をストリームに 書き込みます。 java.io.DataOutputStream や java.io.ObjectOutputStream の writeUTF メソッドとの違いは、ストリームに書き込める文字列の 長さに制約がないことです。

パラメータ:
data - ストリームに書き込む文字列
例外:
InvalidClassException - 直列化で使用されるクラスになんらかの不具合があった場合
NotSerializableException - 直列化の対象が java.io.Serializable インタフェースを実装していない場合
IOException - 基礎の OutputStream に例外が発生した場合
関連項目:
DataOutputStream.writeUTF(String), ObjectOutputStream.writeUTF(String), ExtendedInputStream.readString()

flush

public void flush()
           throws IOException
書き出しストリーム内のデータをすべて出力。

例外:
IOException - 入出力エラーが発生した場合

close

public void close()
           throws IOException
入出力ストリームおよびソケットを閉じます。
入出力ストリームを閉じる前にバッファに溜められているデータをすべて 出力ストリームに書き出します。

例外:
IOException - 入出力エラーが発生した場合

isClosed

public boolean isClosed()
この入出力ストリームが閉じられているかチェックします。

戻り値:
すでに閉じられている場合 true、そうでない場合 false。
関連項目:
close()

intra-mart(R)
5.0

Copyright © 2000-2005 NTT DATA INTRAMART CO.,LTD. All Rights Reserved.