intra-mart(R)
5.1

jp.co.intra_mart.common.aid.jdk.java.lang
クラス ExtendedClassLoader

java.lang.Object
  拡張java.lang.ClassLoader
      拡張jp.co.intra_mart.common.aid.jdk.java.lang.ResourceLoader
          拡張jp.co.intra_mart.common.aid.jdk.java.lang.ExtendedClassLoader

public class ExtendedClassLoader
extends ResourceLoader

このクラスは、拡張されたクラスローダーです。


このクラスローダーは、リソースを検索するパスを任意に追加することが できます。

導入されたバージョン:
version 5.0

コンストラクタの概要
ExtendedClassLoader()
          このクラスをロードした ClassLoader を親クラスローダとして使用し、 新しいクラスローダを作成します。
ExtendedClassLoader(java.lang.ClassLoader parent)
          指定された親クラスローダを使って、 委譲のために新しいクラスローダを作成します。
 
メソッドの概要
 void addNativePath(java.io.File path)
          クラスパスを追加します。
protected  java.lang.Class findClass(java.lang.String name)
          指定されたクラスを探します。
protected  java.lang.String findLibrary(java.lang.String libname)
          ネイティブライブラリの絶対パス名を返します。
 java.io.File[] getNativePaths()
          このクラスローダーに設定されているネイティブライブラリパスを返します。
 
クラス jp.co.intra_mart.common.aid.jdk.java.lang.ResourceLoader から継承したメソッド
addClassArchive, addClassArchiveLibrary, addClassPath, findResource, findResources, getClassArchives, getClassPaths
 
クラス java.lang.ClassLoader から継承したメソッド
clearAssertionStatus, defineClass, defineClass, defineClass, definePackage, findLoadedClass, findSystemClass, getPackage, getPackages, getParent, getResource, getResourceAsStream, getResources, getSystemClassLoader, getSystemResource, getSystemResourceAsStream, getSystemResources, loadClass, loadClass, resolveClass, setClassAssertionStatus, setDefaultAssertionStatus, setPackageAssertionStatus, setSigners
 
クラス java.lang.Object から継承したメソッド
clone, equals, finalize, getClass, hashCode, notify, notifyAll, toString, wait, wait, wait
 

コンストラクタの詳細

ExtendedClassLoader

public ExtendedClassLoader()
このクラスをロードした ClassLoader を親クラスローダとして使用し、 新しいクラスローダを作成します。


ExtendedClassLoader

public ExtendedClassLoader(java.lang.ClassLoader parent)
指定された親クラスローダを使って、 委譲のために新しいクラスローダを作成します。

パラメータ:
parent - 親クラスローダー
メソッドの詳細

addNativePath

public void addNativePath(java.io.File path)
クラスパスを追加します。 ここで追加されるクラスパスは、このクラスローダー内でのみ有効です。
クラスローダーは、最も過去に追加されたパスから順に ネイティブリソースを検索していきます。 path が既に追加済みである場合、このメソッドは何も行いません。

パラメータ:
path - 追加するパス

getNativePaths

public java.io.File[] getNativePaths()
このクラスローダーに設定されているネイティブライブラリパスを返します。
このクラスローダーでは、このメソッドにより返されるパスと このクラスローダーの動作している環境からネイティブライブラリを検索しています。 このメソッドで返されるパスは、このクラスローダー固有に設定されている パスに限られます。

戻り値:
クラスパス
関連項目:
addNativePath(File), File

findLibrary

protected java.lang.String findLibrary(java.lang.String libname)
ネイティブライブラリの絶対パス名を返します。
VM はこのメソッドを呼び出して、このクラスローダでロードされたクラスに 属するネイティブライブラリを見つけます。 このメソッドが null を返す場合、VM は java.library.path プロパティで 指定されたパスにしたがってライブラリを検索します。

パラメータ:
libname - ライブラリ名
戻り値:
ネイティブライブラリの絶対パス

findClass

protected java.lang.Class findClass(java.lang.String name)
                             throws java.lang.ClassNotFoundException
指定されたクラスを探します。
このメソッドは、クラスをロードするための新しい委譲モデルに準拠する クラスローダ実装によってオーバーライドされ、必要なクラスの 親クラスローダのチェック後に loadClass メソッドによって呼び出されます。 デフォルトの実装は ClassNotFoundException をスローします。

パラメータ:
name - クラス名
戻り値:
結果の Class オブジェクト
例外:
java.lang.ClassNotFoundException - クラスが見つからなかった場合

intra-mart(R)
5.1

Copyright © 2000-2006 NTT DATA INTRAMART CO.,LTD. All Rights Reserved.