intra-mart(R)
5.1

jp.co.intra_mart.common.aid.jdk.java.lang
クラス StdOut

java.lang.Object
  拡張jp.co.intra_mart.common.aid.jdk.java.lang.StdOut

public class StdOut
extends java.lang.Object

このクラスは、システムメッセージ出力用です。

導入されたバージョン:
version 5.0

メソッドの概要
static void addOutputStream(java.io.OutputStream out)
          メッセージの出力先を追加します。
static java.io.PrintStream getDefaultPrintStream()
          このクラスがロードされた時点の、System.out を 返します。
static java.io.PrintStream getPrintStream()
          メッセージを出力する出力ストリームを返します。
static boolean removeOutputStream(java.io.OutputStream out)
          メッセージの出力先を削除します。
static void write(java.lang.String msg)
          指定のメッセージを標準出力および指定の出力先に書き出します。
 
クラス java.lang.Object から継承したメソッド
clone, equals, finalize, getClass, hashCode, notify, notifyAll, toString, wait, wait, wait
 

メソッドの詳細

getDefaultPrintStream

public static java.io.PrintStream getDefaultPrintStream()
このクラスがロードされた時点の、System.out を 返します。

このメソッドのリターン値を引数にして、 removeOutputStream(OutputStream) を実行すると、 標準出力(コンソール)にメッセージが表示されなくなります。

戻り値:
標準出力にメッセージを書き出す出力ストリーム

getPrintStream

public static java.io.PrintStream getPrintStream()
メッセージを出力する出力ストリームを返します。

返された出力ストリームの PrintStream.close() メソッドを 実行してストリームを閉じてしまうと、以後メッセージを出力できなく なります。

戻り値:
出力ストリーム

addOutputStream

public static void addOutputStream(java.io.OutputStream out)
メッセージの出力先を追加します。

パラメータ:
out - 出力ストリーム

removeOutputStream

public static boolean removeOutputStream(java.io.OutputStream out)
メッセージの出力先を削除します。

パラメータ:
out - 出力ストリーム
戻り値:
削除に成功した場合は true。

write

public static void write(java.lang.String msg)
指定のメッセージを標準出力および指定の出力先に書き出します。

パラメータ:
msg - メッセージ

intra-mart(R)
5.1

Copyright © 2000-2006 NTT DATA INTRAMART CO.,LTD. All Rights Reserved.