intra-mart ワークフロータグライブラリ


標準構文:
     <%@ taglib prefix="workflow" uri="http://www.intra-mart.co.jp/taglib/bpw/workflow" %>

XML構文:
     <anyxmlelement xmlns:workflow="http://www.intra-mart.co.jp/taglib/bpw/workflow" />

intra-mart ワークフロー タグライブラリ。

intra-mart ワークフロータグライブラリ仕様

1. タグライブラリ内に定義する属性名には、ASCII文字以外を用いてはいけません。


2. タグライブラリ内に定義するタグ識別子・各属性名は、大文字・小文字を区別します。


3. タグライブラリ内に定義する属性値は、"(定数値)" で定数値として扱われます。 その際、型は java.lang.String 型になります。また、スクリプトレット (<%= args %>等 : argsは変数名)を使用してJSP変数を属性値とした場合には、当該JSP変数の型が属性値に渡されます。


4. タグライブラリ内に単一属性を定義した場合、その属性値は真値(true)として扱われます。



5. JSPページ内では、 <!-- と --> で囲まれた範囲は、コメントとして扱われます。
(ランタイム時において、<!-- と --> に囲まれている範囲内のtaglibディレクティブは実行されません。)


使用方法
intra-mart ワークフロー タグライブラリを使用するには、タグライブラリを使用する JSP のページで、以下のような taglib ディレクティブを指定する必要があります。

<%@ taglib prefix="imarttag" uri="http://www.intra-mart.co.jp/taglib/bpw/workflow" %>

uri 属性には "http://www.intra-mart.co.jp/taglib/bpw/workflow" を指定してください。 prefix 属性は、そのページで使用される全てのタグライブラリの前に付加される XML 名前空間識別子を指定するもので、 任意の名前を付けても構いません。(以下、この API リストでは、 prefix 属性を "imarttag" として説明します)

また下記のように、上記の taglib ディレクティブを XML の書式で記述すること も出来ます。

<jsp:directive.taglib uri="http://www.intra-mart.co.jp/taglib/bpw/workflow" prefix="imarttag" />


タグライブラリ情報
表示名intra-mart ワークフロータグライブラリ
Version1.0
Short Nameworkflow
URIhttp://www.intra-mart.co.jp/taglib/bpw/workflow
 

タグ 一覧
approve ワークフロー標準の審議画面に遷移するHTMLのフォームタグ(
)を生成します。
draft ワークフロー標準の申請画面に遷移するHTMLのフォームタグ()を生成します。
retry ワークフロー標準の再申請画面に遷移するHTMLのフォームタグ()を生成します。
subDraft ワークフロー標準のサブプロセス申請画面に遷移するHTMLのフォームタグ()を生成します。