intra-mart 標準 タグライブラリ


標準構文:
     <%@ taglib prefix="imart" uri="http://www.intra-mart.co.jp/taglib/core/standard" %>

XML構文:
     <anyxmlelement xmlns:imart="http://www.intra-mart.co.jp/taglib/core/standard" />

intra-mart 標準 タグライブラリ。

intra-mart 標準 タグライブラリ仕様

1. タグライブラリ内に定義する属性名には、ASCII文字以外を用いてはいけません。


2. タグライブラリ内に定義するタグ識別子・各属性名は、大文字・小文字を区別します。


3. タグライブラリ内に定義する属性値は、"(定数値)" で定数値として扱われます。 その際、型は java.lang.String 型になります。また、スクリプトレット (<%= args %>等 : argsは変数名)を使用してJSP変数を属性値とした場合 には、当該JSP変数の型が属性値に渡されます。


4. タグライブラリ内に単一属性を定義した場合、その属性値は真値(true)として扱われます。



5. JSPページ内では、 <!-- と --> で囲まれた範囲は、コメントとして扱われます。
(ランタイム時において、<!-- と --> に囲まれている範囲内のtaglibディレクティブは実行されません。)


使用方法
intra-mart タグライブラリを使用するには、タグライブラリを使用する JSP のページで、以下のような taglib ディレクティブを指定する必要が あります。

<%@ taglib uri="http://www.intra-mart.co.jp/taglib/core/standard" prefix="imtag" %>

uri 属性には "http://www.intra-mart.co.jp/taglib/core/standard" を指定してください。 prefix 属性は、そのページで使用される全てのタグライブラリの前に付加 される XML 名前空間識別子を指定するもので、任意の名前を付けても構いま せん。(以下、この API リストでは、 prefix 属性を "imtag" として説明します)

また下記のように、上記の taglib ディレクティブを XML の書式で記述すること も出来ます。

<jsp:directive.taglib uri="http://www.intra-mart.co.jp/taglib/core/standard" prefix="imtag" />


サンプル
<%@ page contentType="text/html; charset=Shift_JIS" %>
<%@ taglib uri="http://www.intra-mart.co.jp/taglib/core/standard" prefix="imtag" %>
<%@ page import="java.util.*" %>

<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 3.2 //EN">
<HTML>

<HEAD>
<TITLE>Hello intra-mart.</TITLE>
</HEAD>

<%! private Date date = new Date(); %>

<BODY bgcolor="whitesmoke">

<CENTER><H2>
<imtag:ImartDateFormat value="<%= date%>" format="yyyy/MM/dd"/>
</H2></CENTER>

</BODY>

</HTML>


タグライブラリ情報
表示名intra-mart 標準 タグライブラリ
Version1.0
Short Nameimart
URIhttp://www.intra-mart.co.jp/taglib/core/standard
 

タグ 一覧
accessCtrl タグに挟まれている範囲内のソースを権限に表示/非表示の制御を行います。
calendar カレンダーモジュールの画面HTMLソースを作成します。
condition タグに挟まれた部分の実行の条件分岐を行います。
decision タグに挟まれた部分の実行の条件分岐をおこないます。
drawer 画像ファイルを作成しHTMLに表示します。
floatingCalendar ドラッグ&ドロップで移動可能なカレンダーをフレーム上に表示します 表示されたカレンダーの日付をクリックすると、 引数「element」で指定された要素に、選択された日付の文字列を反映します。
imartDateFormat タグの指定された場所に、指定された日付データを文字列として挿入します。
imartEvent ページに対して、ブラウザ上で動作するイベント処理型ロジックを追加します。
imartNumberFormat タグの指定されている個所に指定の数値データを文字列として挿入します。
loginUser ログインしているユーザの情報を表示します。
loop タグに挟まれている範囲内のソースを繰り返し処理します。
message タグの指定されている個所にメッセージIDで指定された文字列を挿入します。
repeat タグに挟まれた範囲内(ネスト部分)を指定の回数だけ繰り返し処理します。
select フォーム内にコンボボックス(またはリストボックス)を表示します。
tree 階層化データをツリー形式でブラウザ上に表示します。
Cal_view奨励されていません。calendar タグに置き換えられました。
Condition奨励されていません。condition タグに置き換えられました。
Decision奨励されていません。decision タグに置き換えられました。
Drawer奨励されていません。drawer タグに置き換えられました。
ImartDateFormat奨励されていません。imartDateFormat タグに置き換えられました。
ImartEvent奨励されていません。imartEvent タグに置き換えられました。
ImartNumberFormat奨励されていません。imartNumberFormat タグに置き換えられました。
Loop奨励されていません。loop タグに置き換えられました。
Repeat奨励されていません。repeat タグに置き換えられました。
Select奨励されていません。select タグに置き換えられました。
Tree奨励されていません。tree タグに置き換えられました。